知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭において、結婚式を行った方から、出席できなかった人に向けて、電報を贈って、報告をします。

NAVI
知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭で結婚式を行ったほうが贈る電報

何かを贈るとき、一方のみが贈ると思うことがあります。

でも、贈り合うこともあります。
それをうまく利用すれば、相手に気持ちを伝えることができます。
贈った相手からすると、喜んでもらえると思って贈っているのです。
どう思っているか気になるものです。
この時に、実際に気に入っているかどうかは関係ありません。相手の気持ちに対して、感謝の気持ちを伝えることが出来ればよいでしょう。
そうすると、相手も贈ったかいがあったと思えるのです。

冠婚葬祭において、結婚式に電報を贈ることがあります。
一般的には、お祝いをするほうがお祝いとして贈るものです。

でもそう決めつけてはいけません。実際に結婚式を行うほうが贈ることもあります。
こちらに関しては、贈り合うものではないでしょう。
事前にお祝いとしてお金や物をもらっているとき、そのお返しとして贈るのです。
贈った側は、場所が遠くていけなかったとか、用事があっていけなかったなどの理由があると思います。
それを伝えることもあります。

どのような文面にすればよいかです。
お祝いでもらったものに対して、感謝を表現するようにします。
そして、これから力を合わせて、生活をしていくことを伝えます。
贈る相手によっては、立体式の物を利用することもあります。
花束であったり、ぬいぐるみが用意されていることがあります。
こちらも通常は結婚をする側にお贈られる事が多いですが、気にすることはありません。もので届くと、それだけこちらの気持ちも伝えやすくなります。
Copyright (C)2017知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方.All rights reserved.