知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭において、結婚式に電報を贈るときには、文面に困ったら、サンプルを利用します。多様になっています。

NAVI
知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭で結婚式を迎える人に電報を贈る場合

知り合いが結婚をすると聞くと、良かったと思うこともあれば、さきをこされて悔しいと思うこともあるでしょう。
女性同士であったり、男性同士であれば、ちょっとしたライバル心もあるものです。
その後、結婚相手を一生懸命探すことになります。
親しい人同士であれば、結婚式に招待されることもあります。
ただし、誰もが出席できるわけではありません。平日に設定されている場合は、仕事の関係で行けないこともあります。
その時にどうするかです。

冠婚葬祭として、結婚式を迎える人に、電報を贈ることがあります。
どのような文面にするか迷うことがあるようです。
迷う必要はなく、サンプルの例文がたくさん用意されています。
以前ですと、サンプル分は堅苦しいものが多かったのですが、最近は柔らかい文章も多くなっています。
友人から贈るものであったり、先輩から後輩、公開から先輩などの文章も用意されています。
インターネットからであれば、多くの業者を利用することができるのです。

文面としては、まずは結婚に対して、お祝いの言葉入れるようにします。
その後については、仲が良い人同士であれば、軽いエピソードなども添えるとちょっと笑えたりして良いかもしれません。文章自体はそれほど長くすることはできませんから、簡潔に締めくくるようにします。
サービス会社の文例を利用するのも良いですが、サンプル文章だけを用意しているところもありますから、そちらから文章をもらってくるのも良いでしょう。
名前だけ変えます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方.All rights reserved.