知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭として、成人式に出席するときに、電報を贈ることがあります。お祝いに加えて、厳しいことばも入れます。

NAVI
知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭の成人式で電報を送るとき

誰もが一生のうち一度は経験するものがあります。
それが成人式になるでしょう。
20歳になった年に行われます。
一般的には、1月の第2月曜日に行われます。
以前は1月15日になっていましたが、ハッピーマンデー制度により、必ず日曜と月曜が連休になるようになりました。
月曜といいますと、美容室関係は休みになることが多いのですが、この日だけは早朝から女性のセットであったり、着付けをしてくれます。
大事な行事になります。

冠婚葬祭の成人式に関しては、誰がお祝いをするかです。
よくあるのは祖父母になるでしょう。
20歳と言いますと大学生です。
ですから、両親とは一緒に生活していることが多いです。
祖父母に関しては離れて暮らしていることもあるので、お祝いをしたくなるものです。
また、親戚同士で親しく付き合いをしているのであれば、お互いに何かを贈ることがあるかもしれません。親戚の場合は、子供の年齢が同じような年になりやすいこともあります。

では、電報においてはどのようなものがあるかです。
まずは、成人を迎えたことについて、お祝いの言葉を入れます。
そして、少し厳しめのことばも入れておきたいです。
これからは自分の責任でいろいろなことを行なっていくこtであったり、自覚を持つようにするなどです。
それを読むことで、気を引き締めることができます。
贈ってもらうだけでなく、自分から贈ることもあります。
両親と離れて暮らしている時に、近況報告として贈るようにします。
Copyright (C)2017知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方.All rights reserved.