知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

昔に比べて電報の需要は減ったが、それでも電報は冠婚葬祭でもよく使用されています。電報の必要性について検討する。

NAVI
知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方

冠婚葬祭に使用する電報について

一昔前までは伝達方法として電報はよく使用されてきました。
古くからそういった制度はあり、江戸時代では飛脚などと呼ばれていましたよね。電報はいち早く必要な情報を伝えたい相手に伝えられる手段としてとても有効な方法であり、今でこそ、携帯電話やメール、インターネットを介してツイッターなどいろんな伝達方法があります。
確かに、これらの普及によって電報の需要は減りましたが、それでも電報という制度は今も廃れることはなく、残っております。
電報は先程述べた現代の伝達方法に比べて、どちらかというと割高です。
一文字につきお金がかかりますし、台紙に関しても無料のものもありますが、有料のものが大半ですし、手続費用も必要になります。
それに今やメールなどは固定費され支払えれば、実質費用は無料というケースが殆どですし、リアルタイムで相手に必要な情報を伝えることができますから、この点のみを比較すると電報よりはるかにメリットがあるように思われます。

しかし、これらは確かに大きなメリットと言えますが、冠婚葬祭に至っては、これらのメリットが逆に失礼にあたるように思います。
その点、電報は、わざわざ手続を手配しなければならない手間がかかりますので、より形式的・儀礼的な印象を与えてくれます。
また、丁寧な毛筆縦書きなど、用途に応じて必要な文字を選択してもらうことができますし、台紙に関しても、弔辞用や慶事用に分かれて、いろんな値段から選択することができますので、今でも冠婚葬祭に関しては電報の支持が圧倒的に需要が高いのは、儀礼的な必要性を全て備えているからではないでしょうか。そして、今の電報は更にフラワー電報や、オルゴール電報などさまざまな商品をメッセージを併せて、はやく届け先に届けてくれるのでやはりこれからも冠婚葬祭に関しては電報が廃れることはないと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017知っておきたい!冠婚葬祭の電報の扱い方.All rights reserved.